JIMAマーク

 研究報告書(H14-医療-005)



    「医療・保健分野におけるインターネット利用の信頼性確保に関する調査研究」
 



この研究は平成14年度厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業)の「医療・保健分野におけるインターネット利用の信頼性確保に関する調査研究」として実施したものです。



・主任研究者  辰巳治之 札幌医科大学医学部 教授


・分担研究者

 上出 良一  東京慈恵会医科大学 助教授
 西藤 成雄  西藤こどもクリニック 院長
 花井 荘太郎 国立循環器病センター 高度情報専門官
 水島  洋  国立がんセンター研究所がん診療支援情報研究室 室長
 三谷 博明  日本インターネット医療協議会 事務局長


【研究主旨】

 インターネット上で提供される医療情報の信頼性の確保に関し、自治体等公的機関からの医療情報の提供の現状を把握するため、患者・家族や医療関係者に都道府県、市町村等の自治体サイトにアクセスしてもらい、利用可能な医療情報やアクセスのしやすさ等についてアンケート調査を実施した。また、医療情報の提供主体として考えられる公的機関や医療機関等の役割について考察を行うため、情報の内容ごとにどこが情報提供主体者となるのが望ましいか、利用者の信頼を得るための自主的なガイドラインのあり方等について患者・家族にアンケート調査を実施した。
 その結果、自治体等公的機関においては、医療情報の提供がまだ十分とは言えず、患者・国民のニーズにこたえきれていないこと、情報の提供方法にも改善が求められることが示唆された。また、医療機関や企業等の民間レベルにおいては、自主的なガイドラインを作成、運用したり、第三者評価や自己チェックを機能させていく努力を行うなどして利用者の信頼に応えていく必要があることが示された。





<報告書>


※報告書の内容をすべて収載したPDFファイルです。

本文 (459KB)
資料1 (1.6MB)
資料2 (612KB)
資料3 (4.9MB)


PDFファイルを表示したり印刷したりするには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない場合は、下記のサイトから無料でダウンロードできます。

  

※この調査結果に対するご感想、ご意見はこちらにお寄せください。




トップページ