日本インターネット医療協議会

| JIMAトラストプログラムについて | eヘルス倫理コード | JIMA POST | JIMA TOP PAGE |


JIMAトラストプログラムについて



日本インターネット医療協議会(JIMA)では、インターネットで医療・健康に関連する情報やサービスを提供していく際、サイトの運営者が、利用者の立場にたって、自主的に質と信頼性の確保に努めていくプログラム=トラストプログラムの運用を行っています。

この取り組みの一環として、2003年4月、わが国で初めて、インターネットで情報やサービスを提供していく際の自主的基準であるeヘルス倫理コードを策定発表しました。さらに、進化するインターネット技術や新たな利用法に対応して、2007年7月にVer2.0へと改訂をはかりました。コンテンツ、コミュニケーション、ケア、サービス、コマース、プライバシー各領域の客観的基準にもとづき、セルフアセスメント(自己評価)をおこない、JIMAの審査委員会による審査認定を受けると、当該サイトにJIMAトラストマークが付与されます。

セルフアセスメントやトラストプログラムは、あくまでも自主的活動であるため、実際に提供される情報やサービスそのものの質や内容を保証するものではありません。そこで、JIMAでは、このトラストプログラムをより確実なものにするために、利用者からの意見や苦情をきちんと受けとめていくフィードバックシステムを設けています。

JIMAトラストマークを掲示し、トラストプログラムに参加するサイトにおいて、万一、提供する情報、サービスの内容が、利用者又は第三者から見て、利用者の信頼を損ねていると思われる場合、当該サイトの受付窓口において直接、あるいはJIMAへの投書箱JIMA POSTを通じて意見や苦情を受けていきます。

この場合、意見・苦情を受けたサイト運営者はすみやかに適切な対応をとるように努めますが、それでも問題の解決がはかれない場合は、JIMAは必要に応じて調査・指導・勧告を行っていきます。それでも、サイトの運営者側の対応が不十分で事態が改善されない場合は、トラストマークの使用を停止する措置をとることもあります。


2010年8月1日より、従来のマーク(ゴールドタイプ)とは別に、eヘルス倫理コードの
ミニマム・スタンダード(最低限の基準)による簡易審査で済み、申請料・審査料・使用料
が無料のマーク(レギュラータイプ)を付与する新プログラムを開始いたしました。





 JIMAトラストマークレギュラー見本      JIMAトラストマークゴールド  
JIMAトラストマーク (左:レギュラー、右:ゴールド)

JIMAトラストプログラム運用図         JIMAトラストマーク掲示サイト
    JIMAトラストプログラムの運用図                JIMAトラストマーク掲示サイト例




JIMAトラストマーク申請手続き案内ページへ


■本トラストプログラムに関し、ご不明の点、ご意見等がありましたら、info@jima.or.jpまでご連絡ください。




| JIMAトラストプログラムについて | eヘルス倫理コード | JIMA POST | JIMA TOP PAGE |

E-mail info@jima.or.jp
JIMA is a trademark of Japan Internet Medical Association.
Copyright & copy JIMA, 1997-2012. All rights reserved.